不動産売却
仲介と買取の違いとは?
一年以内の不動産売却率「99%」!
青森市の鑑定ありすとがわかりやすく解説します。

【不動産売却】仲介と買取の違いとは?

不動産の「仲介」と「買取」の違いを(株)鑑定ありすとがわかりやすく解説

 

トップページ不動産売却に関する知識とポイント【一覧】>【不動産売却】仲介と買取の違いとは?

 

 

不動産売却の方法としてよく知られているのが「仲介」と「買取」です。

ここでは、不動産の「仲介」と「買取」の違いについて、わかりやすく解説していきます。

又、「仲介」と「買取」のメリットやデメリットについて詳しく解説します。

 

不動産売却をする際、仲介にするか買取にするかで、査定額は変わってきます。

ぜひこの機会に、不動産の仲介と買取の違いをしっかりと把握し、不動産売却に役立てましょう。

 

そして、不動産売却には仲介と買取の他に、「個人売買」という方法もあります。

せっかくなので、不動産売却の3つめの方法である「個人売買」についてもわかりやすく解説していきます。

 

 

 も く じ

 ■1.不動産売却の3つの方法

   【不動産売却】方法①:仲介

   【不動産売却】方法②:買取

   【不動産売却】方法③:個人売買

 ■2.メリットとデメリット

 ■3.不動産鑑定士からのアドバイス

 

■1.不動産売却の3つの方法

 

 

不動産を売却する方法は、大きく分けて3つあります。

「仲介」、「買取」、「個人売買」です。

 

どの方法をとるかによって、手間も価格も変わってきます。

 

例えば、物を売る場合も色んな方法があると思います。

メルカリで売る、お友達に売る、リサイクルショップに売る・・・etc

 

どの方法で売るかによって、手間も手取り額も変わってきますね(*^^*)

 

不動産売却も同じです。

「仲介」「買取」「個人売買」、どの方法をとるかによって、手間も手取り額も変わってきます。

 

「仲介」「買取」「個人売買」、それぞれの特徴やメリット、デメリットを把握し、ご自分にあった方法で売却しましょう。

 

 

 【不動産売却】方法①. 仲介

 

不動産売却の「仲介」とは、不動産会社に買主を探してもらい、売却する方法です。

募集や営業活動、契約業務を不動産会社へ委託するので、専門知識を要せず売却でき、手間や面倒、リスクを軽減できます。

 

又、仲介、買取、個人売買の3つの方法のうち最も多くの顧客に募集を呼びかけることができるため、一番高値で売却できる可能性が高い方法です。

しかし、不動産会社が仲介業者として介入する為、成約にいたった際は仲介手数料が発生します。

 

■「仲介」による不動産売却が向いている人

 

・できる限り高値で売却したい人

・売却をそれほど急いでいない人

・できる限りトラブルを避けたい人

 

 

 【不動産売却】方法②. 買取

不動産売却の「買取」は、所有している不動産を不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。

不動産会社が買主となることで、買い手を探す必要がなく、売却期間を短縮できます。

 

買取の場合、話がまとまれば不動産会社は即現金で支払うため、早ければ一ヶ月で売却可能です。

参考までに、仲介の売却期間の目安は、通常3ヶ月~、長いものでは一年以上かかる場合もあります。

 

買取」という方法で不動産売却する場合、売主の責任(契約不適合責任)が免除されます。

これは買主が不動産のプロである不動産会社という観点から免除されるもので、売主にとっては売却後のクレームの心配が最も低い売却方法となります。

 

ただし、「買取」で不動産売却する場合、売却価格は仲介に比べると3割程度安くなるのが通常です。

 

 

■「買取」による不動産売却が向いている人

 

・早く不動産売却したい(現金化)したい方

・価格が安くても確実に不動産売却したい方

・売却後のクレームやトラブルをなくしたい方

 

 

 【不動産売却】方法③.個人売買  

 

 

不動産売却の「個人売買」は、自分で買い手を探し、不動産会社を通さないで売却する方法です。

不動産会社を通さないため、仲介手数料は発生しません。

しかし、「個人売買」では通常不動産会社がやってくれる募集業務や物件の調査、契約書の作成や所有権移転の手続きなど、全て個人間で行わなければなりません。

 

知識が十分でないと後々トラブルに発展するリスクがあるため、初心者にはあまりおすすめできない方法です。

 

 

■「個人売買」による不動産売却が向いている人

 

・不動産取引の知識と経験が豊富な人

 

 

■2.「仲介」「買取」「個人売買」のメリットとデメリット

 

 

不動産売却の方法には「仲介」「買取」「個人売買」の3つの方法がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

ここでは、「仲介」「買取」「個人売買」それぞれのメリットとデメリットを解説していきたいと思います。

 

 

「仲介」のメリットとデメリット

 

■仲介のメリット

 

・仲介のメリット1:高値で売却できる可能性がある

 広範囲に募集活動が行われるので、より高値で買ってくれる人に出会えるチャンスがあります。

 

・仲介のメリット2:不動産会社のサポートを受けられる

 募集と営業活動、条件の交渉や契約書の作成、契約・引渡し手続きなど全て不動産会社がサポートしれくれます。

 

 

■仲介のデメリット

 

・仲介のデメリット1:売却まで時間がかかる

 募集に出してもすぐに決まるとは限りません。希望者が見つかったとしても、住宅ローンの審査などで時間がかかります。

 

・仲介のデメリット2:売りに出していることが周りに知られる

 ネットやチラシなどに広告掲載される為、周りに知られることは覚悟しなければなりません。

 広告掲載せずに募集することも可能ですが、その場合限られた範囲でしか募集できないため、売却までの時間がさらにかかることになります。

 

・仲介のデメリット3:仲介料がかかる

 不動産会社へ仲介業務の報酬として、成約した際には仲介手数料が発生します。

 

・仲介のデメリット4:契約不適合責任が免責されない

 仲介により売却が決まった場合、基本売主は契約不適合責任を負うことになります。

 

 

 

 

買取」のメリットとデメリット

 

買取のメリット

 

買取のメリット1:短期間で売却、現金化できる

買取は、不動産会社が買取額を提示し、売主がその価格に応じれば即契約、引渡が可能です。

住宅ローンも組む一般人と異なり、不動産会社の買取は現金購入が多い為、最短数日~一ヶ月で売却でき、現金化できます。

 

買取のメリット2:経費をかけずに売却できる

測量やリフォーム、未登記部分の登記費用など、不動産会社が行うことが前提である場合が多いです。

そのため、持ち出し費用をかけずに売却できます。

 

買取のメリット3:売主の契約不適合責任が免責される

一般的な不動産売買契約では、「引き渡されたものが契約内容と異なっていた場合、売主が債務不履行責任を負う」ことになります。

買取の場合、買主は不動産のプロである不動産会社であることから、この契約不適合責任が免責されることが多いです。

契約不適合責任が免責されると、売却後に何か不具合が発覚したとしても、回復のための費用を支払ったり契約を解除されることはありません。

 

買取のメリット4:仲介手数料がかからない

仲介を依頼してるわけではないので、仲介手数料はかかりません。

 

買取のメリット5:周りに知られずに売却できる

売主と不動産会社とで話が決まるため、近隣に知られず売却できます。

 

 

買取のデメリット

 

買取のデメリット1:売却価格が安い

不動産会社は売却できるかどうかわからないものを買取ることになる為、リスクを背負います。

その為確実に売れると思われる最低価格で試算されるため、買取価格は相場の6~7割程度になることが多いです。

建物が古かったり修繕箇所が多い物件の場合、さらに買取費用が下がる可能性があります。

 

買取のデメリット2:買取を断られる場合もある

不動産会社は、どんな不動産でも買取る、、、というわけではありません。

老朽化が激しかったり、違反建築物や再建築不可能な物件など、場合によっては買取をお断りされる場合もあります。

 

 

 

 

「個人売買のメリットとデメリット」

 

■個人売買のメリット

 

・個人売買のメリット1:仲介料がかからない

不動産会社に仲介を依頼しない為、仲介料はかかりません

 

・個人売買のメリット2:自分のペースでできる

物件の内覧や交渉、契約など、全て自分でやらなければなりませんが、その分ご自分のペースに合わせて活動できます。

 

 

■個人売買のデメリット

 

・個人売買のデメリット1:手間と時間がかかる

売却する物件の調査から募集、条件交渉、契約書の作成、契約・引渡に至るまでの手続きを全て個人間でやらなければなりません。

作業は膨大で、手間と時間がかかります。

 

・個人売買のデメリット2:専門的な知識がない場合、後にトラブルになるリスクがある

不動産売却は、契約書の作成や登記手続きなど、専門的な知識が必要です。

又、トラブルが発生した際の対応力も求められます。

個人売買で契約した後、予期せぬことが起きたり、聞いていた話と違うということでトラブルになるケースは多いです。

トラブルが発生した場合も自分で対応しなければならないため、不動産売却初心者には難しい方法です。

 

 

■3.不動産鑑定士からのメッセージ

スタッフ
(株)鑑定ありすと 不動産鑑定士 最上 伸子

不動産売却は、よく考え、自分にあった方法を

 

不動産売却の際は、ご自分にあった方法で売却しましょう。

 

「安くなってもいいので早く売却(現金化)したい。」

というご事情がある場合は、「買取」が最も適しています。

市場価格より3~4割安くなることが多いですが、最も最短で売却できます。

不動産会社数社に買取査定をしてもらい、条件が一番いい不動産会社に買取依頼されるのがいいでしょう。

 

「多少時間がかかっても、できる限り高値で売りたい。」

という方は、一般的な「仲介」をオススメします。

仲介料はかかりますが、市場価格で売却できます。

面倒なことは全て不動産会社がしてくれるので、不動産の知識や経験がなくても安心して売却できます。

 

不動産に関する知識や経験が豊富な方は、「個人売買」も可能だと思います。

仲介手数料もかからず、お互いが納得すれば市場価格で売却できます。

ただ、契約書の作成や登記手続きなど全て個人間で行わなければならず、トラブルに個人間で対応しなければなりません。

個人売買は、不動産売却初心者にはおすすめできません。

 

それぞれメリットとデメリットがあります。

よく考え、ご自分にあった方法で不動産売却しましょう。

私の不動産 いくらで売れる?
査定相談は無料です
017-776-4180 017-776-4180
受付時間:9:00~18:00
鑑定ありすと

3つの特徴

  • REASON
    01

    仲介実績

    一年以内の不動産売却率99%

    仲介依頼を受けた不動産、一年以内に売却致します

    株式会社鑑定ありすとは、仲介依頼を受けた不動産の99%を一年以内に売却しています。

     

    不動産売却で最も重要なことは、「適正な価格」で販売することです。

    鑑定ありすとは、不動産会社にはめずらしく、不動産鑑定士が在籍しております。

    弊社の不動産査定は、不動産鑑定士が監修しています。

    不動産売却に最も重要な「適正な査定額」を提示できるからこそ、スピーディな売却が可能になります。

     

    又、不動産投資会社で実績を積んだスタッフ(宅地建物取引士)が、不動産売却をサポート。

    不動産投資会社で培った綿密な市場分析と営業力で、一年以内の売却を実現しています。

     

    455277_s
  • REASON
    02

    買取実績

    別荘、原野、中古住宅など買取しました

    仲介・買取をお断りされた不動産も、買取しています

    他社さんから仲介・買取をお断りされた不動産も、まずは(株)鑑定ありすとへご相談下さい。売れない不動産お断りされた不動産トラブルがある不動産も、弊社は買取実績がございます。

     

    ◎長年放置されていた築40年の別荘・・・買取させていただきました。

    35坪の土地に建っている築60年の中古住宅・・・買取させていただきました。

    間口1.8mしかない旗竿地・・・買取させていただきました。

    ◎隣地所有者不明の原野・・・買取させていただきました。

    境界トラブルがある土地・・・買取させていただきました。

    ◎積雪の為半年しか利用できない八甲田の別荘・・・買取させていただきました。

    ◎前面道路が幅員3.5m行き止まり35坪土地・・・買取させていただきました。etc...

     

    不動産買取をご希望の方は、まずはご相談下さいblush

    女性スタッフ
  • REASON
    03

    無料相談

    不動産鑑定士がご相談に応じます

    仲介、買取で迷われている方はご相談下さい

    不動産買取がいいか、仲介がいいか迷われている方は、まずはご相談下さい。お客様のご意思、そして不動産の状態に応じて最適な不動産売却方法をお伝えします。

     

    ・不動産売却の無理強いは致しません

    ・お車のない方、無料送迎致します

    ・お体の悪い方、ご訪問も可能です

    相談は何回でも無料

    ・(売却を前提とする)不動産査定も無料

    オンラインでの相談も可能です

     

    不動産売却が初めての方、仲介か買取かで迷われている方、不動産会社に不信感がある方は、遠慮なくご相談下さい。

    相談
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事