Column
不動産売却をお考えの方へ!空き家問題・空き家を放置するデメリットを解説

相続して住んでいない家や、長年使っていない別荘など、空き家を放置している方もいらっしゃるのではないでしょうか。空き家問題は、解決が求められる社会問題の一つです。様々なトラブルが発生する前に、適切に処分するようにしましょう。こちらでは、空き家問題、特定空き家について、空き家を放置するデメリットなどを解説します。

空き家問題とは?「特定空き家」について知ろう

昨今、誰も住んでいない「空き家」が増えており、社会問題として取り上げられています。日本では少子高齢化が進んでおり、高齢になった方が自宅を適切に管理できなかったり、相続した方が田舎の不動産に興味がなく放置したりといったことで、空き家が増えているのです。適切に管理されていない空き家は、保安上の危険はもちろん、衛生面でも問題があります。放置したままだと周辺の住宅にも影響が及ぶため、空き家問題が社会問題になっているのです。2015年には「空家等対策の推進に関する特別措置法」、通称「空き家対策特別措置法」が施行され、空き家解消に向けて政府も動きを見せています。

この法律の施行によって、周辺に危険を及ぼす可能性がある空き家は「特定空き家」として指定され、固定資産税や都市計画税の軽減が受けられなくなってしまう可能性があるのです。また、特定空き家に指定されると、自治体から修繕などの対応を行うよう指導・勧告があります。それに所有者が従わない場合、過料が発生したり、最終的には建物を解体されてしまったりするケースもあります。

空き家を放置するデメリット

空き家を管理せずに放置してしまうと、以下のようなデメリットがあります。

建物が劣化して周囲に迷惑をかける

空き家になると建物そのものの劣化はもちろん、庭なども荒れていきます。周囲の景観を損ねるだけでなく、壁や屋根が崩れ落ちると、周囲の方に危険を及ぼす可能性もあるのです。

害虫・害獣が発生する

空き家の雑草や庭木を放置していると、蚊など虫がたくさん発生します。また、隠れるところが多いと、野良猫をはじめ、ネズミ・イタチ・ハクビシンなど、様々な害獣が住み着く恐れがあります。鳴き声による騒音問題、糞尿による悪臭問題につながる可能性もあります。

犯罪に利用される

家財道具を持ち出す空き巣のターゲットになることはもちろん、他人が住み着いてしまったり、犯罪集団のアジトとして使われてしまったりする可能性もあります。また、ゴミを不法投棄されたり、放火の被害にあったりするリスクもあるのです。

資産価値が減少する

長い期間放置するほど不動産の劣化が進み、資産価値が減少してしまいます。人が住んでいない家は経年劣化が進みやすいため、最終的に安い価格で売却する・解体するといった方法を選ぶことになります。

青森市で空き家を売却するなら株式会社鑑定ありすとへ

空き家の増加は社会問題の一つとして注目されています。「空家等対策の推進に関する特別措置法」も施行され、これにより条件を満たす空き家は「特定空き家」に指定されてしまいます。特定空き家を含む空き家には様々なデメリットがあるため、そうなる前に対策するようにしましょう。

青森市周辺で空き家の処分にお困りでしたら、ぜひ株式会社鑑定ありすとへご相談ください。株式会社鑑定ありすとは、青森市周辺にある物件を対象に、不動産売却をサポートいたします。相続物件空き家・別荘など、売却が難しい不動産でも、まずはお気軽にお問い合わせください。不動産コンサルティングマスターや不動産鑑定士としての顔も持つ代表が、最適な売却プランをご提案させていただきます。

不動産売却に関連するコラム

不動産売却なら青森市の株式会社 鑑定ありすと

会社名 株式会社 鑑定ありすと
住所 青森県青森市桂木3丁目7番地12
TEL 017-776-4180
営業時間 9:00~18:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄り駅 筒井駅より車9分
URL https://kantei-aristo.jp/