Column
不動産売却の流れ・期間とは?査定のタイミングも解説!

不動産売却は人生でそう何度も行うことではないため、まずは全体的な流れや、必要な期間を把握しておくことが大切です。こちらでは、不動産売却の一般的な流れや、売却にかかる期間について解説します。また、不動産査定を依頼するタイミングについても解説するので、売却をお考えでしたら、ぜひチェックしてみてください。

不動産売却の一般的な流れ

不動産を売却する際は、以下の流れで行うのが一般的です。

査定依頼

まずは知り合いに相談したり、インターネットで情報を集めたりして、依頼する不動産会社を選びます。不動産を売却したい旨を相談し、査定を依頼します。この時点では複数の不動産会社に査定を依頼し、査定結果や話してみた印象などで、信頼できる不動産会社を見極めましょう。

媒介契約の締結

信頼できる不動産会社が見つかったら、媒介契約を結びます。媒介契約には専任媒介契約・専属専任媒介契約・一般媒介契約の3種類があるため、不動産の売却理由やご自身の状況に合わせて選びましょう。

不動産を売り出す

媒介契約を結んだら、不動産の売却活動に入ります。売却活動は基本的に不動産会社が先導して行います。

売買契約の締結

買主が見つかったら、次は不動産売買契約です。買主側の住宅ローン事前審査や、物件の最終調査などが問題なく完了したら、売買契約を結ぶことができます。

物件の引き渡し・決済

物件の引き渡しは、売買契約締結後すぐに行うわけではありません。売買契約の中で決めた日時で、物件の引き渡しと決済を行います。

売却までにかかる期間はどれくらい?

不動産売却は、一般的に売却完了まで6ヵ月ほどかかるといわれています。早くても3ヵ月はかかると考えていてください。流れにそって必要な期間を説明すると以下のようになります。

  • 査定依頼~媒介契約:約1ヶ月
  • 売却活動:約1~3ヵ月
  • 売却交渉~引き渡し:約1~2ヵ月

不動産売却は慣れないことをするため、不動産会社を探したり必要な書類を揃えたりと、何かと手間がかかってしまいます。不動産会社に依頼して売却活動が始まっても、すぐに売却できるわけではありません。買い手が見つからなければ、その分時間がかかってしまいます。そのため、不動産売却を検討しているなら、最初から余裕を持ったスケジュールを立てるようにしましょう。

不動産査定を依頼するタイミングは?

不動産査定は、基本的には「不動産を売却したいとき」「不動産の価値を知りたいとき」に依頼します。具体的には、以下のようなシーンが該当します。

  • 不動産の売却を検討している
  • 離婚で財産分与を行う
  • 相続で遺産分割をする
  • ライフプランについて考えたい

不動産査定を受けたとしても、必ず不動産を売却しないといけないわけではありません。そのため、「とりあえずどのくらいの価値があるのか知りたい」といった場合でも、問題なく依頼できます。悩む場合は、思い立った段階で相談してみるのがおすすめです。これまでに解説したように、不動産売却には時間がかかります。ギリギリまで悩んで時間がなくなってしまうと、余裕を持った売却活動ができません。そのため、まずは気軽に相談してみましょう。

青森市で不動産売却・査定のご依頼なら、株式会社鑑定ありすとへお問い合わせください。戸建てはもちろん、相続物件空き家・別荘など、不動産の種類問わず売却をサポートいたします。ご相談や査定には無料で対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

不動産売却に関連するコラム

不動産売却なら青森市の株式会社 鑑定ありすと

会社名 株式会社 鑑定ありすと
住所 青森県青森市桂木3丁目7番地12
TEL 017-776-4180
営業時間 9:00~18:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄り駅 筒井駅より車9分
URL https://kantei-aristo.jp/