columm

不動産売却は人生でそう何度も行うことではないため、まずは全体的な流れや、必要な期間を把握しておくことが大切です。こちらでは、不動産売却の一般的な流れや、売却にかかる期間について解説します。また、不動産査定を依頼するタイミングについても解説するので、売却をお考えでしたら、ぜひチェックしてみてください。

不動産売却の一般的な流れ

不動産を売却する際は、以下の流れで行うのが一般的です。

査定依頼

まずは知り合いに相談したり、インターネットで情報を集めたりして、依頼する不動産会社を選びます。不動産を売却したい旨を相談し、査定を依頼します。この時点では複数の不動産会社に査定を依頼し、査定結果や話してみた印象などで、信頼できる不動産会社を見極めましょう。

媒介契約の締結

信頼できる不動産会社が見つかったら、媒介契約を結びます。媒介契約には専任媒介契約・専属専任媒介契約・一般媒介契約の3種類があるため、不動産の売却理由やご自身の状況に合わせて選びましょう。

不動産を売り出す

媒介契約を結んだら、不動産の売却活動に入ります。売却活動は基本的に不動産会社が先導して行います。

売買契約の締結

買主が見つかったら、次は不動産売買契約です。買主側の住宅ローン事前審査や、物件の最終調査などが問題なく完了したら、売買契約を結ぶことができます。

物件の引き渡し・決済

物件の引き渡しは、売買契約締結後すぐに行うわけではありません。売買契約の中で決めた日時で、物件の引き渡しと決済を行います。

売却までにかかる期間はどれくらい?

不動産売却は、一般的に売却完了まで6ヵ月ほどかかるといわれています。早くても3ヵ月はかかると考えていてください。流れにそって必要な期間を説明すると以下のようになります。

  • 査定依頼~媒介契約:約1ヶ月
  • 売却活動:約1~3ヵ月
  • 売却交渉~引き渡し:約1~2ヵ月

不動産売却は慣れないことをするため、不動産会社を探したり必要な書類を揃えたりと、何かと手間がかかってしまいます。不動産会社に依頼して売却活動が始まっても、すぐに売却できるわけではありません。買い手が見つからなければ、その分時間がかかってしまいます。そのため、不動産売却を検討しているなら、最初から余裕を持ったスケジュールを立てるようにしましょう。

目的や状況に合わせて選択しよう!不動産査定の方法

不動産査定には大きく分けて「机上査定」と「訪問査定」があり、どちらも基本的に無料で受けられます。

机上査定

机上査定は簡易査定とも呼ばれ、おおよその査定額を算出する方法です。机上という言葉どおり、直接不動産を見ることなく、築年数や敷地面積、立地条件や周辺環境など不動産に関するデータをもとに査定額を算出していきます。短時間でできる机上査定は、忙しくて現地調査に立ち会えない方、売却しようか迷っている方、とりあえず不動産の価値を知りたい方におすすめです。

訪問査定

その言葉どおり、不動産のある現地に訪れて査定を行います。机上査定における様々なデータに加え、担当者が現物を隅々まで調査して査定額を算出する方法です。直接現物を見て査定しますので、机上査定よりも精度の高い方法といえます。不動産の正確な価格を知りたい方、早く売却したい方は訪問査定がおすすめです。

不動産査定を依頼するタイミングは?

不動産査定は、基本的には「不動産を売却したいとき」「不動産の価値を知りたいとき」に依頼します。具体的には、以下のようなシーンが該当します。

  • 不動産の売却を検討している
  • 離婚で財産分与を行う
  • 相続で遺産分割をする
  • ライフプランについて考えたい

不動産査定を受けたとしても、必ず不動産を売却しないといけないわけではありません。そのため、「とりあえずどのくらいの価値があるのか知りたい」といった場合でも、問題なく依頼できます。悩む場合は、思い立った段階で相談してみるのがおすすめです。これまでに解説したように、不動産売却には時間がかかります。ギリギリまで悩んで時間がなくなってしまうと、余裕を持った売却活動ができません。そのため、まずは気軽に相談してみましょう。

青森市で不動産売却・査定のご依頼なら、株式会社鑑定ありすとへお問い合わせください。戸建てはもちろん、相続物件空き家・別荘など、不動産の種類問わず売却をサポートいたします。ご相談査定には無料で対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

不動産売却にかかる費用は?

居住用戸建てをはじめ、住んでいない相続物件空き家、別荘など不動産の売却には様々な費用がかかります。一般的に、不動産売却でかかる費用相場は売却価格の約4~7%といわれています。不動産売却にかかる費用項目は以下のとおりです。

仲介手数料

不動産売買の仲介を行った不動産会社に支払う報酬です。例えば、売買取引価格が400万円を超えた場合、(売買価格の3%+6万円)+消費税という計算式で算出されます。

収入印紙代(印紙税)

不動産売買契約時に作成される文書に課せられる税金です。印紙代は売買価格によって変動します。

譲渡所有税

不動産売却によって得た利益に課せられる税金です。売却益が出ない場合はこの税金は発生しません。

必要書類の取得費用

土地・建物登記済証(権利証)または登記識別情報、固定資産税・都市計画税納税通知書、印鑑証明書など、不動産売却に必要な書類を取得する際に費用がかかります。

上記以外にも状況によっては、抵当権抹消登記費用(住宅ローンが残っている不動産の場合)や土地の測量費用、建物の解体費用、引っ越し代、ハウスクリーニング代などが必要です。

不動産売却でよくある理由は?

不動産を売却する際には、不動産業者や購入希望者から「なぜ売却するのか」を必ず聞かれます。そのため、売却理由についてはしっかりと説明できるようにしておきましょう。不動産売却の理由は、人によって様々です。よくある理由としては以下が挙げられます。

子供が産まれた、もしくは子供が独立した、高齢の家族との同居など、家族構成に変化があった場合に住み替えを行う方が多いです。また、転勤や転校にともなって、通勤・通学しやすい場所へ住み替えを行うケースもよくあります。

空き家になった実家を相続しても維持・管理にお金がかかってしまうため、売却して現金化するケースも多いです。

資産整理

投資物件を現金化したい、相続対策として不動産を現金化したいなど、資産整理のために不動産売却を選択するケースもあります。

新しい生活を始めるため、もしくは財産分与のために不動産売却を行う方もいらっしゃいます。

不動産会社の選び方

不動産売却は、依頼する不動産会社選びが重要です。不動産会社を選ぶ際は、以下のポイントをチェックしてみてください。

不動産があるエリアの情報に詳しい

不動産があるエリアで長年営業している不動産会社だと、地元の情報や人脈が豊富です。適切な査定ができることはもちろん、買主を探す際にも、不動産だけでなくエリアの良さまで伝えることができます。

スピーディーな対応

問い合わせたときの返答の早さや、打ち合わせの日時決定などから、スピーディーに対応してくれるかどうか判断できます。対応が早い不動産会社であれば、機動力もあり売却もスムーズに進めやすいです。

実績が豊富

実際に不動産を売却した実績が多ければ、安心して任せることができます。不動産があるエリアで売却実績があるかはもちろん、相続物件空き家、別荘など、売りたい不動産の種類でも実績があるかどうか確認してみましょう。

口コミもチェック

口コミや実際に売却した方の評価なども、できればチェックしておきましょう。どのように売却をサポートしてくれるのか、リアルな声を知ることができます。

不動産査定・売却のご依頼は株式会社鑑定ありすとへ

不動産売却は査定依頼から売却完了まで約半年ほどかかるといわれています。不動産の状態によってはこれ以上の時間がかかる可能性もあるため、できるだけ余裕を持ったスケジュールを立てておくのがおすすめです。余裕を持って不動産会社に相談し、信頼できる不動産会社をじっくり選んで依頼するようにしましょう。

青森市で不動産売却・査定のご依頼なら、株式会社鑑定ありすとへお任せください。株式会社鑑定ありすとでは、青森市周辺にある物件を対象に、様々な不動産売却をサポートします。

相続不動産はもちろん、別荘や空き家など一般的に売却が難しい不動産でもご相談いただけます。売却に関してお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

不動産売却に関連するコラム

不動産売却なら青森市の株式会社 鑑定ありすと

会社名 株式会社 鑑定ありすと
住所 青森県青森市桂木3丁目7番地12
TEL 017-776-4180
営業時間 9:00~18:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄り駅 筒井駅より車9分
URL https://kantei-aristo.jp/
RELATED

関連記事